マイクロバブルについて

水が乳白色に見えるほど極小のミクロの泡(超微細気泡)で、劇的なまでの洗浄効果をはじめ、
マッサージ効果、リラックス効果、温浴効果など数多くの美容特性を備えています。
ひとつひとつの極小の気泡(マイクロバブル)が毛穴の中まで入り込み、汚れを吸着し浮き上がらせます。
この高い洗浄力こそマイクロバブルの最大の特色。
通常の水では落とせない洗顔フォームやシャンプーの残留成分をミクロの泡で洗い、
毛穴の奥底までキレイに磨き上げるマイクロバブル。
それはこれまでの洗顔や洗髪とはまったく次元の違う、多彩な美容効果をもたらす泡なのです。

通常気泡とマイクロバブルの大きさ比較

マイクロバブルの特長

[洗浄効果]

マイクロバブルはマイナスの電位を帯びており、肌の表面にある汚れはプラスの電位を帯びているため、
マイクロバブルは汚れに吸着します。吸着したバブルはやがて潰れ(圧壊)、
その時の物理的なエネルギーと熱エネルギーにより、汚れや細菌は粉砕(洗浄)されます。

通常気泡とマイクロバブルの洗浄力比較

[温浴効果]

湯温38℃~40℃で10分程度の短時間入浴でも、42℃の通常入浴と同じレベルの温浴効果が得られます。

[マッサージ効果]

無数のマイクロバブルの微振動が、適度な皮膚表面へのマッサージ効果を生み出します。

[リラックス効果]

滝周辺のマイナスイオンは通常5,000~10,000個/cm3。
マイクロバブルは 常時50,000~120,000個/cm3ものマイナスイオンを発生させています。

[自己加圧効果]

マイクロバブルの自己加圧効果により、さまざまな有害有機系化学物質を分解します。