界面活性化成分の洗浄は、とても大切

知らず知らずに洗顔や洗髪に使っている合成界面活性剤

化粧を落としたり、肌や髪を洗うために、
私たちはクレンジング、シャンプー、ボディソープなどを用います。
その成分表示を一度じっくりご覧ください。「合成界面活性剤」という表記がありませんか?
化学的に作られた界面活性剤のことで、そのほとんどが石油から作られています。
肌や髪のトラブルは、この合成界面活性剤が原因であることがとても多いのです。
肌や髪を洗うためには「まず肌や髪を濡らし」
⇒「次に汚れを肌や髪から引き離し」
⇒「その汚れを再付着しないようにすること」が必要です。
専門的にいえば、表面張力を下げる機能を備えた界面活性剤は
この一連の役割を担っているのですが、問題はそれが石油から作られた、
肌や髪にダメージを与えやすい合成物が主流だということです。

化粧品にも、合成界面活性剤は使われています

ファンデーションなど多くの化粧品にも、水分と油分と素材を混ぜ合わせる(乳化させる)ために、
合成界面活性剤が添加されています。これによって化粧品の成分は、
肌の表面はもちろん毛穴や細かなシワにまで入り込むことができるのです。
同様に化粧品の汚れを落とすクレンジングも、合成界面活性剤を使用することで、
肌の奥底に付着した化粧成分を洗浄することができます。
しかし仕上げに普通の洗浄水(水道水など)を用いて洗い流そうとしても、
水だけでは毛穴にまで入り込むことができません。
そのため化粧品などの成分(汚れ)は、肌の毛穴や皮膚の細かなシワの部分に残ってしまいます。
これが肌トラブルの原因のひとつ。水道水で髪や肌を念入りに洗い流しても、
シャンプーやボディソープの匂いが残るのはそのためなのです。

肌への悪影響が、心配されています

近頃人気のビタミンCを謳った化粧品など、肌への「浸透剤」としても合成界面活性剤は使用されています。
肌の有効成分(レチノールやビタミンCなど)を肌の奥へと染み込ませるためなのですが、
それがかえって悪影響を与えているとしたら。
本来、肌というのは汗や脂などを体外に排出する器官であるとともに、
外からの刺激や紫外線などの有害物質から身体を守る「バリアの役割」を果たしています。
その肌のバリアを破る、つまり皮膚の機能を低下させるために、合成界面活性剤が用いられているのです。
この強力な浸透剤としての成分を肌の奥底までキレイに洗い流さないと、
毛穴の開き、くすみ、肌荒れ、アトピーなどを引き起こす原因になるともいわれています。

合成ポリマーにも、ご注意ください

合成ポリマーとは化学合成して作られる合成樹脂・合成ゴム・合成セルロースの総称で、
変質や腐敗がない原料として化粧品に頻繁に用いられます。
特に少量でも化粧品をクリーム状にすることができるため、その多くが乳化剤として使われています。
肌に塗ると「肌がつるつるになった」と錯覚するかもしれませんが、
それではビニール状のクリームで肌を覆っているだけ。
肌にあわなかったり、紫外線によって変性したり、そのマイナス面も大きく、
さらに体内の汗や油を排出する毛穴も化学物質によって塞いでしまっているので、
肌を傷めることにもなりかねません。

界面活性成分には、マイクロバブル

通常の洗顔や洗髪では、洗い流した汚れの代わりに合成界面活性剤が皮膚や頭皮に残り、
知らず知らずに肌トラブルを引き起こします。
化粧品もしっかりと落とすことができなければ、肌の機能が返って低下し、
必要以上に肌を老化させることにもなりかねません。
スキンケア&ヘアケアを大切に考えるならマイクロバブル。
肌や髪にダメージを与える合成界面活性剤も化粧品の成分も、
ミクロの泡が肌の奥底までしっかりクリーンに洗い流します。